学歴の壁を乗り越えて税理士試験を受ける

学歴の壁を乗り越えて税理士試験を受けるには

税理士試験を受験する為に必要な受験資格は

税理士の仕事は業務独占資格になります。
税理士の資格を持っていないものは税理士としての業務を行う事はできません。
つまり、税理士として仕事をするには税理士の資格が必須になります。
税理士の資格を取得するには、23年以上国税官公署で勤務をし、指定の研修を受けるという方法もありますが、税理士試験に合格するという道が一般的です。

税理士試験は難易度が高く、例年15パーセントから20パーセントの合格率だと言われています。

学歴で受験資格を満たしていない場合には、まず別の条件で満たす必要があります。
ただでさえ難易度が高いと言われている税理士試験合格の為の勉強も合わせてしなくてはならないので、かなりハードな道のりが予想されますが、合格している人もいるので無理な道ではありません。

学歴以外で受験資格を得る為の選択肢としては、日商簿記1級の試験に合格をするという方法があります。
日商簿記の資格は初級、3級、2級、1級と段階があり、1級は難易度はかなり高いのですが、1級に合格できてしまえば学歴の壁はクリアすることができます。
全経簿記上級に合格しても受験資格は得られますが、日商簿記の方が難易度的にも社会的評価も高いそうです。

税理士事務所、個人の会計事務所などで3年以上働くという手段もあります。
税務や会計に関わる実務経験を踏んで、勤務先に職歴証明書を発行してもらえば税理士の受験条件をクリアできるので、学歴も資格も関係ありません。

学歴をカバーして税理士試験の受験資格を得たいと考えるなら、このどちらかの方法が確実で現実的だと言えるでしょう。

学歴の壁を乗り越えて税理士資格を目指そう

税理士試験は誰でも受験できる訳ではなく基準があります。 学歴もそのうちの一つで規定がありますが、学歴が条件を満たしていない場合でも、指定の資格や基準をクリアすれば受験資格を得る事ができます。 学歴の条件が足りなかったとしても諦める事はありません。

気になる試験の難易度はどの位

税理士試験の受験のチャンスは年に1度しかありません。 科目合格制という制度の特徴も要因だとは言われてはいますが、試験内容も難しく合格率は10人に1人位の割合の難関試験です。 8年以上受験を続けている人も多いそうです。 合格率や受験年数の多い人の割合からみても、相当難しい試験だという事になります。

目指すからには合格を手に入れる

受験する人の多くは専門課程を履修している学校の卒業者、卒業見込み者がほとんどになります。 それでも、難易度が高いと言われているのですから、かなりしっかりと計画的に勉強しなくてはなりません。 合格基準5科目を1度で合格できる人はほとんどいません。 毎年2科目づつでも的を絞って勉強した方が確実かもしれません。

TOPへ戻る