学歴の壁を乗り越えて税理士試験を受けるには

学歴の壁を乗り越えて税理士資格を目指そう

日商簿記1級に合格し受験資格を得る

学歴の条件に該当していなかった場合に税理士試験の受験資格を得る手段になるのは、日商簿記1級に合格する事です。
税理士試験もかなり高い難易度になりますが、日商簿記1級も難易度が高いので覚悟を決めて猛勉強は必須になるでしょう。
しかし、学歴で条件を満たそうとするなら、まずは大学や専門学校に入学するところから始める必要があります。
例え難しかったとしても、勉強をして日商簿記1級に合格すればチャレンジする価値はあるかと思います。

税理士試験は年に1度のチャンスしかありませんが、日商簿記の試験は1級は年2回、2級3級は年に3回のチャンスがあります。
少しづつ難易度をあげて最終的に1級合格を目指してみるのも良いかと思います。

条件をクリアして職歴証明書を手に入れる

日商簿記1級に合格する以外にも受験資格を得る事ができます。
税理士事務所、個人の会計事務所などで働き実務経験を積むという手段です。
そこで勤めて3年経過し、職歴証明書を職場に作成してもらい提出すれば受験する事が可能になります。

職業が試験勉強と直結しますし、合格後も働けるなら理想の環境でしょう。
家族や親せきや知り合いなどがいないと、税理士試験に合格する前に勤務するのは難しいかもしれませんが、3年勤務すれば税理士試験の受験資格を得られるので、学歴の壁を超えるのに確実な手段なのかもしれません。

働きながら税理士試験の勉強をしなくてはならないので、自由な時間はなかなか取れない覚悟は必要になりますが、受験勉強には資金も必要になるので収入を得ながら勉強する事は現実的な方法ですね。


シェア
TOPへ戻る