学歴の壁を乗り越えて税理士試験を受けるには

目指すからには合格を手に入れる

自分に合った学習スタイルを考える

独学で頑張るのか、塾や予備校に通うのか自分に合った学習スタイルを考えてみましょう。

学歴がなくても専門知識は学んでいる場合と、ゼロからのスタートなのかでは大きく違いますし、個人の特性やスキル、ライフスタイルによっても勉強しやすい学習スタイルが変わってくるかと思います。

多少費用はかかったとしても、自宅で勉強する時間を確保するのは難しいし、集中して勉強できる塾や予備校で勉強するほうが合っていると感じる人もいれば、仕事をしながらなので学校に通う時間を取ることが難しい、費用的に断念する場合には独学で勉強するという選択肢もあります。

どの方法ならより多くの勉強時間を確保できるのかは個々の事情により変わってくるでしょう。

試験までの年間スケジュールを立てる

勉強時間が多ければ確実に合格を狙えるという訳ではありませんが、だいたいこの位の勉強時間は必要だという平均時間を参考に試験までの年間スケジュールを立てる事をおすすめします。

平均勉強時間は、簿記論、財務諸表論は450時間、所得税法、法人税法は600時間、相続税法450時間、消費税法300時間、酒税法、国税徴収法は150時間、住民税、事業税は200時間、固定資産税は250時間だと言われています。
各サイトで平均学習時間が記載されているので、少々の誤差はありますが学習計画を立てる為の参考にすると良いかと思います。

税理士試験は科目合格制なので、1年間で5科目全ての勉強時間の確保するのが難しいのなら、的を絞って確実に合格科目を増やしていく方が良いなど自分に合う試験対策も見えてくるでしょう。


シェア
TOPへ戻る